公務員とTOEICと備忘録

スマートフォンの方は、「カテゴリ一覧まとめ」ページを使うと、カテゴリ一覧が見れます

公務員試験は独学か?予備校か?

公務員試験で独学か予備校かを選ぶときに考えるポイントの一つが、難関科目に対して独学で対応できるかということがあげられます。

私が難関科目と考えているのは、民法1・2・行政法・マクロ経済・ミクロ経済です。
この5つの科目を突破できるかどうかは、公務員試験の筆記試験の突破に大きな影響を与えます。
逆にこの科目を強みにできると、筆記試験への弾みになるでしょう。

この5科目に対しては、単純に過去問を解くだけでは難しいです。
解説・説明のある参考書が必要となると思います。

独学を考えている人や、予備校に通うか迷っている人は、解説・説明のある参考書を読んでみてどうするかの判断材料にするといいと思います。


(民法)

郷原豊茂の民法まるごと講義生中継」を読みましょう。これは問題集をやり始めたあとでも利用することがありますので、がんばって読んでください。
問題集は「スーパー過去問ゼミ」を使います。全体としてかなり量があり、なかなか頭に入ってこないと思いますが、頑張って繰り返し問題を解きましょう。繰り返した分だけ、他の受験生との差を広げることができます

公務員試験とは別に、民法は日常生活や会社員として働く場合でも知識として持っておいて損はないはずです。そういった意味では、社会生活を送る上でも役立つ知識ですので、難関科目の中では先にこれを勉強してみてもいいかもしれません。

 

 

 

(行政法)

行政法のまるごと講義生中継」を読みます。これを読まずに、問題集をやると自滅します。利用する問題集は「スーパートレーニングプラス」です。行政法は難しいので、スー過去だとしんどいかと思います。スートレで対応しましょう。私はスートレでも国2レベルには対応できました。

 

新谷一郎の行政法まるごと講義生中継 第3版 (公務員試験 まるごと講義生中継シリーズ)

新谷一郎の行政法まるごと講義生中継 第3版 (公務員試験 まるごと講義生中継シリーズ)

 


(マクロ経済・ミクロ経済)

経済学は非常につまらない割に難しい問題も多く、やってられないです。基本的には「スーパー過去問ゼミ」を繰り返すことになりますが、解説を読んでも理解できない問題もあると思います。あまりにも理解できない問題であれば、無視してもいいくらいの覚悟を持ちましょう。

私は、特に前知識も持たずにいきなりスー過去を始めました。ただし、それだと拒絶反応を持つ人も出てきますので、「試験対応らくらくマクロ経済学入門」などを先に読んでおくこともいいと思います。というか、スー過去だけやっていると頭が混乱することが多いので、解説書を一つ持っておくと、理解が早いかと思います。


(※私はこれで十分でしたが、必要な勉強量や参考書は人によりさまざまです。一つの参考意見として勉強に役立ててください)