公務員とTOEICと備忘録

スマートフォンの方は、「カテゴリ一覧まとめ」ページを使うと、カテゴリ一覧が見れます

(筆記試験) 公務員試験は独学か?予備校か?

公務員試験を受験するにあたり、まず考えるところは独学か、予備校に行くかということでしょう。
今回は、筆記試験に関して考えてみたいと思います。

まず、公務員試験で勉強する科目を整理するところから始めます。

教養試験:
文章理解(英語・古文含む)、数的処理、判断推理、社会科学(政治・経済・法律・社会など)、人文科学(日本史・世界史など)、自然科学(生物・地学など)、時事など

専門試験:
憲法行政法民法1、民法2、マクロ経済、ミクロ経済、刑法、労働法、政治学行政学社会学、財政学・経済事情、経営学、国際関係など

大まかに上げてみましたが、筆記試験だけで20科目以上勉強することになると思います。
そして、その中でも難関と考えられる科目もあります。

難関科目:
数的処理、民法1・2、マクロ経済、ミクロ経済、行政法
センター試験勉強してない人は、人文科学・自然科学も追加

主に法律・経済関係は難関科目と考えていいでしょう。
民法1・2、マクロ経済、ミクロ経済、行政法は頭を抱える受験生が多数いると思います。
「人に教えてもらわないと理解できない…」という人は、予備校に頼る必要が出てくるでしょう。

ただ、予備校に通うのをためらう理由は多くの人が授業料の問題です。
そして、授業料を払ったはいいけれど、勉強についていけずに挫折、というのが最もやりたくないパターンになるでしょう。

予備校もしっかりとした講義をしてくれているとは思いますが、最終的には自分で勉強し、理解することになるので、勉強ができるかどうかのところは大きな判断材料になると思います。

そこで、独学・予備校を考えるうえでも、まず自分でどれだけ勉強できるかということを試す必要があると思います。
具体的には、比較的簡単な科目を独学で勉強してみて、予備校の必要性を感じたのであれば予備校に通うという選択をするという方法もあります。

比較的容易な科目:
文章理解、判断推理、憲法政治学

とりあえず、この辺りの科目を自分で勉強してみるといいと思います。
テキストは以下のものを参考にして、独学・予備校の判断材料にしてみるのが一つの手であると思います。

文章理解:
「新スーパー過去問ゼミ」

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 文章理解・資料解釈

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 文章理解・資料解釈

 

判断推理:
「畑中敦子シリーズ」「スーパー過去問ゼミ」

畑中敦子の天下無敵の数的処理!(1)判断推理・空間把握編

畑中敦子の天下無敵の数的処理!(1)判断推理・空間把握編

 
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 判断推理

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 判断推理

 

憲法
「新スーパー過去問ゼミ」

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 憲法

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 憲法

 

政治学
「新スーパー過去問ゼミ」

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 政治学

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 政治学