公務員とTOEICと備忘録

スマートフォンの方は、「カテゴリ一覧まとめ」ページを使うと、カテゴリ一覧が見れます

(地球温暖化・特別区) 公務員試験の論文を書いてみた

公務員試験の論文の自作例について書きたいと思います。
特別区試験の論文について、自分なりに考えて作ってみました(模範解答ではありません)。
参考になれば幸いですが、責任は負いません。
自己判断で、論文の勉強の材料にしてみてください。

 

ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ シャワーズ

ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ シャワーズ

 

 

(気球規模での平均気温の上昇が指摘され、その要因とされる地球温暖化が大きな問題となっています。こうした状況において、私たちは日常生活の中で、環境問題に対し、どのように取り組んでいくべきか、あなたの考えを論じなさい)

日本だけでなく世界中で経済が発展していく中で、環境への負担も高まってきた。経済発展を行っていく中で大量の化石燃料を使い続けてきた結果、大気汚染や酸性雨、公害問題や地球温暖化と言った様々な環境問題を引き起こしてきた。こうした中、世界レベルで環境問題に取り組むこととされ、地球温暖化の原因と言われるCO2の排出削減などに対し京都議定書では目標値を設定するなどの取り組みを行ってきた。

こうした環境問題への対応は世界や国レベルではなく、自治体や個人レベルでも行っていかなくてはならない。しかし、今後の日本にとっては従来の生活を改善していくだけではなく新たな問題を抱えることとなっている。それが福島第一原発事故からの脱原発傾向である。脱原発が決まったわけではないが、原子力発電所の稼働のメドは経っていない。こうした中では、日本のエネルギーは火力発電に頼らざるを得なくなってしまい、環境汚染に拍車をかけてしまう怖れがある。こうした事情も考慮して環境への対応を進めていく必要がある。

環境対策で考えなければならないことは、環境への負荷と生活スタイルへの適応のバランスである。2011年の夏、日本中でエネルギー不足が言われ、節電が呼びかけられた。しかし、過度な節電を行う世帯が続出し、同年の熱中症の割合は例年に比べて高くなってしまった。環境や節電へ協力するにしても熱中症になってしまっては元も子もない。環境へ対応するためには人々に過度な負担をかけずに行っていくことも大切なのである。

例えば、同年夏にはエアコンだけに頼るのではなく扇風機を利用、併用したりすることで電力需要を減らした。また、エコカーやエコ家電と言われる環境に優しいとされる製品を積極的に取り入れることで、日常的な環境負荷を減らすことも大切である。企業でも照明を全てLED照明に切り替えたコンビニが出てくるなど、環境と生活とのバランスをとった対策が行われてきている。

加えて行政側もこれを後押しする動きが出てきている。中野区では中小企業に環境マネジメント対策となるISOなどの認証資格の支援を行っている。環境マネジメントの認証は環境対策にもなるとともに企業価値を増大させる効果もあるため、こうした行政と民間の連携は今後ますます重要となるであろう。また、千代田区は環境都市モデルとして認証されている。今後はグリーンストック作戦といった都心に立ち並ぶビルに対して環境対応を行っていくなどの対応を行うとされており、今後の動向が注目されている。

環境問題に対応することは人類の責務である。しかし、やみくもに環境重視の生活をしようとしても人々の負担が大きくなってしまうため長続きがしない。環境と人々の生活のバランスを考え、日常的に環境負荷を減らしていけるような仕組みを構築していくことが大切となってくるだろう。

 

2018年度版 公務員試験 論文・作文

2018年度版 公務員試験 論文・作文