公務員とTOEICと備忘録

スマートフォンの方は、「カテゴリ一覧まとめ」ページを使うと、カテゴリ一覧が見れます

(高齢化・特別区) 公務員試験の論文を書いてみた

公務員試験の論文の自作例について書きたいと思います。
特別区試験の論文について、自分なりに考えて作ってみました(模範解答ではありません)。
参考になれば幸いですが、責任は負いません。
自己判断で、論文の勉強の材料にしてみてください。

 

公務員試験 現職採点官が教える! 合格論文術 2018年度

公務員試験 現職採点官が教える! 合格論文術 2018年度

 

 

(東京都では、2020年頃を境に人口が減少に転じることが予測さ れています。一方、現在すでに20%を超えている高齢化率は、今 後も更に上昇を続けることが見込まれています。 特別区が、これまで経験をしたことのない人口減少社会、高齢社会を迎える中で、暮らしやすい地域とはどのようなものかを述べた 上で、それをどのように実現していくか、あなたの考えを論じなさい。)

日本は社会が成熟してくるにつれ高齢化が進行してきている。2011年の高齢化率は約23%と高い数値となっており、今後も高齢化の割合は高まっていく見通しである。そうした中において、今後の日本では高齢化に伴う問題への対処が迫られることとなる。

高齢化で問題となることとして筆頭に上げられるのが介護や福祉と言った問題である。しかしながら、高齢化の問題となるのは必ずしもそうした分野だけにはとどまらない。足腰が弱くなり、体が不自由になってくる高齢者にとっては日常生活そのものにおいても数々の生涯が出てくるのである。その例としてあげられるのが「買い物弱者」という問題である。これは足腰が弱くなった高齢者にとって近くの小売店に買い物に行こうにも体が不自由なため買い物に行くこと自体が重荷となっている人々のことである。高齢化が進んでいる昨今において、買い物弱者となる高齢者は増えてきている。高齢化で解決しなければ問題としてはこうした日常的な分野への対応も必要となってくるのである。

そうした背景があることから、近年は宅配サービスを行う小売業者も増えてきている。こうした動きは高齢化が進む現代においては必須となるであろう。行政としても支援をしてくことが望まれる。多摩市においては小売業者と連携して宅配サービスを行うという報道もなされた。行政が支援できることは充分であるであろう。

また、NPO団体やボランティア団体との連携を図ることが高齢化社会においての重要な要因となるであろう。例えば、○○区の「○○倶楽部」では高齢者への配食サービスや困りごと相談を行っている。配食サービスは、特に男性の単身高齢者世帯の人々にとって充分な栄養を取ることのできる大きな機会となっているため、大変喜ばれている。また、困りごと相談は日常的な高齢者の困りごとを解決しようと言う意図で行われている。高齢者のみの世帯が増えてきている現代においては、実際身近な困りごとに対処してくれる人たちがいることは心強いであろう。こうした団体と連携を組むことにより、高齢者への適切な対応が行うことが可能になるであろう。日常的なことはNPO団体など各種団体に担ってもらい、行政は介護施設デイケアといった大枠の介護サービスを拡充させていく。こうした役割分担を行うことにより、様々な問題を解決していくことが可能になるであろう。

現代においても高齢化は大きな問題となっているが、今後もこの傾向は続いていく。そしてそうした将来においては今までのような行政の施策では充分に対応することは難しい。介護サービスと言った大枠のところから日常的なところにおいても高齢者が暮らしやすい社会を作ることができるような施策を取り入れていくことが必要となってくるであろう。

 

ポケットモンスター(ポケモン) ヒトカゲ Sサイズ ぬいぐるみ

ポケットモンスター(ポケモン) ヒトカゲ Sサイズ ぬいぐるみ