公務員とTOEICと備忘録

スマートフォンの方は、「カテゴリ一覧まとめ」ページを使うと、カテゴリ一覧が見れます

(男女共同参画社会) 公務員試験の論文を書いてみた

公務員試験の論文の自作例について書きたいと思います。
特別区試験の論文について、自分なりに考えて作ってみました(模範解答ではありません)。
参考になれば幸いですが、責任は負いません。
自己判断で、論文の勉強の材料にしてみてください。

 

公務員試験 無敵の論文メソッド

公務員試験 無敵の論文メソッド

 

 

(男女共同参画社会)

男女共同参画とは、男女が社会で対等な社会の構成員として、均等にあらゆる分野においての利益を享受し、また責任を負うことである。そして、日本でも男女共同参画社会を実現するために様々な施策が行われてきた。1985年には男女雇用機会均等法が成立し、1999年には男女共同参画社会基本法が成立した。しかしながら、男女共同参画社会の実現にはまだまだ不十分であるということが現状である。

実際にどういう面で男女共同参画がなされていないと考えられているのか。顕著なところは子供の育児に関しての面である。女性の年齢別就業率を見てみると、30代の女性の就業率は他の年代と比べて低くなっている。これは、子供が生まれ子育てに専念している女性が多くなるため就業していないことを表している。そして、欧米など他国を見てみるとこの30代であっても女性の就業率はそれほどの減少は生じていないとされており、日本でも30代女性の就業機会を高めることが求められている。

加えて、女性の管理職や国会議員の比率が低いことも問題とされている。女性の管理職の割合、そして女性の衆議院国会議員の割合はそれぞれ約10%ほどとなっている。こうしたことから、男性と女性との間で大きな差が生まれているとされているのである。このような女性の昇進などへの対応も求められているのである。

このような男女の差はなぜ生まれるのか。一番大きいのは育児によるところである。育児と同時に女性が職場を離れ、育児に専念するというケースが多い。そして、一度職場を離れると再就職先も限られてしまい、その後の昇進についても難しくなってしまう。実際、企業の女性管理職に関してのアンケートでは、女性が育児で仕事を離れてしまう、仕事を離れてしまうと能力向上が難しくなってしまうため昇進させにくいという声が聞かれる。さらに、女性自身についても職場で管理職への昇進を希望している割合が約20%と低いため、希望者が増えない限りは女性管理職を増やすのは難しいという面もある。

しかしながら、近年女性が仕事で活躍する場面は増えており、企業でも女性ならではのアイディアなどを期待する声も上がっている。行政としても、女性が男性と対等の立場とされるような対策を進めていかなくてはならない。例えば、保育所の整備は急務であるとされる。女性が男性同様働き続けるためには育児へのサポートが必要である。そして、保育所はそのサポートに大きく貢献する。待機児童問題が生じている中でいかに保育所を整備するかが重要となるであろう。また、今後高齢化が進むにつれ介護の問題も生じてくる。介護を行いながら働き続けられるような環境整備も必要となろう。福祉・介護サービスの充実を図り、またNPOなどの団体と連携を深めることで介護サポートの範囲を広げていくことも大切である。加えて、企業へも女性が活躍している企業の例を示し伝えるなどして、女性が活躍できる環境整備を進めていくよう働きかけを続けていかなくてはならない。

男女共同参画社会を実現させるためには、単に法律を整備するだけでは不十分である。実際の生活環境に男性も女性も対等に生活できる環境を整備することが大切となってくる。

 

2018年度版 公務員試験 論文・作文

2018年度版 公務員試験 論文・作文

 

 

(地球温暖化・特別区) 公務員試験の論文を書いてみた

公務員試験の論文の自作例について書きたいと思います。
特別区試験の論文について、自分なりに考えて作ってみました(模範解答ではありません)。
参考になれば幸いですが、責任は負いません。
自己判断で、論文の勉強の材料にしてみてください。

 

ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ シャワーズ

ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ シャワーズ

 

 

(気球規模での平均気温の上昇が指摘され、その要因とされる地球温暖化が大きな問題となっています。こうした状況において、私たちは日常生活の中で、環境問題に対し、どのように取り組んでいくべきか、あなたの考えを論じなさい)

日本だけでなく世界中で経済が発展していく中で、環境への負担も高まってきた。経済発展を行っていく中で大量の化石燃料を使い続けてきた結果、大気汚染や酸性雨、公害問題や地球温暖化と言った様々な環境問題を引き起こしてきた。こうした中、世界レベルで環境問題に取り組むこととされ、地球温暖化の原因と言われるCO2の排出削減などに対し京都議定書では目標値を設定するなどの取り組みを行ってきた。

こうした環境問題への対応は世界や国レベルではなく、自治体や個人レベルでも行っていかなくてはならない。しかし、今後の日本にとっては従来の生活を改善していくだけではなく新たな問題を抱えることとなっている。それが福島第一原発事故からの脱原発傾向である。脱原発が決まったわけではないが、原子力発電所の稼働のメドは経っていない。こうした中では、日本のエネルギーは火力発電に頼らざるを得なくなってしまい、環境汚染に拍車をかけてしまう怖れがある。こうした事情も考慮して環境への対応を進めていく必要がある。

環境対策で考えなければならないことは、環境への負荷と生活スタイルへの適応のバランスである。2011年の夏、日本中でエネルギー不足が言われ、節電が呼びかけられた。しかし、過度な節電を行う世帯が続出し、同年の熱中症の割合は例年に比べて高くなってしまった。環境や節電へ協力するにしても熱中症になってしまっては元も子もない。環境へ対応するためには人々に過度な負担をかけずに行っていくことも大切なのである。

例えば、同年夏にはエアコンだけに頼るのではなく扇風機を利用、併用したりすることで電力需要を減らした。また、エコカーやエコ家電と言われる環境に優しいとされる製品を積極的に取り入れることで、日常的な環境負荷を減らすことも大切である。企業でも照明を全てLED照明に切り替えたコンビニが出てくるなど、環境と生活とのバランスをとった対策が行われてきている。

加えて行政側もこれを後押しする動きが出てきている。中野区では中小企業に環境マネジメント対策となるISOなどの認証資格の支援を行っている。環境マネジメントの認証は環境対策にもなるとともに企業価値を増大させる効果もあるため、こうした行政と民間の連携は今後ますます重要となるであろう。また、千代田区は環境都市モデルとして認証されている。今後はグリーンストック作戦といった都心に立ち並ぶビルに対して環境対応を行っていくなどの対応を行うとされており、今後の動向が注目されている。

環境問題に対応することは人類の責務である。しかし、やみくもに環境重視の生活をしようとしても人々の負担が大きくなってしまうため長続きがしない。環境と人々の生活のバランスを考え、日常的に環境負荷を減らしていけるような仕組みを構築していくことが大切となってくるだろう。

 

2018年度版 公務員試験 論文・作文

2018年度版 公務員試験 論文・作文

 

 

なぜ民間ではなく公務員を選んだのですか?part2(公務員試験・面接)

行政が必要な理由の一つとして、「民間サービスを受けることができない人に対するサービスの提供」という考え方を示しました。

その考えに基づいて考えると、今度はそもそもの「志望理由」について考え直すきっかけにもなるかもしれません。

 

自治体への志望理由の一つに「観光について取り組みたい」「まちづくりをしたい」という理由があります。

これはこれで立派だと思います。

ただし、「なぜ行政としてやるのか?民間ではダメなのか?」という明確な理由が必要です。

観光については民間でも観光資源を作ることや提供することはできるし、まちづくりとしては大手のディベロッパーなどはまちづくりに大きく絡んでいることも多い。

そうしたところを突っ込まれると、しどろもどろになってしまう可能性が高くなる。

面接中にそうした状況になってしまうのは致命傷でしょう。

 

だからこそ、志望理由の段階からきっちり詰めて考えておくべきだと思います。

加えて、観光やまちづくりというのは花形であることからしても周りの受験生も同様のことを言う可能性も高い。

自ら競争の激しい所に突っ込んでいくつもりなら、それなりの準備をする必要があるし、勝つための戦略をしっかり立てておくべきです。

 

反対に「民間でできない、行政しかできないこと」をまずリストとしてまとめ、その中で自分がやりたいことを見つけた上で志望理由を作るのも一つのやり方だと思います。

近年批判が高まっている生活保護制度、これについて取り組みたいという人は歓迎されるかもしれないのではないかと個人的には思うのです。

もちろん、実際にどうか走りませんが。

 

ただし、公務員を受験している人たちの大半が「公務員になって楽で、安定した生活がしたい」と考えている中で、あえて厳しく大変な仕事を積極的にやりたいと考えている人が出てくれば、一目置かれる可能性が高くなるでしょう。

というか、公務員試験は「競争」であり、面接は「周りとの比較による競争」です。

周りと同じことをしていてダメなわけで、一歩抜け出るようなことを考えなければなりません。

そのため、根本的な発想の仕方を変えてみるということも一つの手だと思うのです。

 

自分がやりたいことを志望理由にするのもいいですが、周りが言わないようなこと、行政にしかできないことはそもそもなんだろうかという所から発想を広げていくというのも一つの手ではないでしょうか。

そうすれば、そもそも「なぜ民間ではなくて公務員なの?」という質問には簡単に答えることができるようになるでしょう。

  

公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術 2018年度

公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術 2018年度

 

 

(上記は、自身の経験に基づいたものです。
参考になればと思い書いていますが、参考にするのは自己責任でお願いします。)

 

 

 

(合意形成・特別区) 公務員試験の論文を書いてみた

公務員試験の論文の自作例について書きたいと思います。
特別区試験の論文について、自分なりに考えて作ってみました(模範解答ではありません)。
参考になれば幸いですが、責任は負いません。
自己判断で、論文の勉強の材料にしてみてください。

 

2019年度版 絶対決める!実践添削例から学ぶ 公務員試験 論文・作文

2019年度版 絶対決める!実践添削例から学ぶ 公務員試験 論文・作文

 


(都市生活を送るためには、道路、清掃工場、下水処理場などの公共的な生活基盤施設は不可欠です。しかし、このような施設の設置は、近隣住民からの反対を受けることがあります。こうした状況の中で、魅力的なまちを作っていくために、都市生活を支える基盤となる施設のありかた述べた上で、社会におけ る形成合意について、あなたの考えを論じなさい)

私たちが日常生活を送る上において、清掃工場や廃棄物処理場などは生活に欠かせないものとなっている。しかしながら、こうした生活基盤施設の設置には住民からの強い反発を受けることがしばしば発生する。理由としては、近隣の清掃工場設置などは環境汚染や異臭問題、騒音、地域イメージの低下など様々な面で不安感を与えているためである。そのため施設の設置には様々な問題がつきまとい、時には自治体間でも諍いが起こる。1970年代においても特別区では、特別区の約7割のゴミが江東区で処理されているということが問題となり「ゴミ戦争」とまで呼ばれるほどであった。様々な形で問題を引き起こすだけに、生活基盤施設の設置はいかに住民の合意を取り付けるかが非常に重要となる。

そこで、住民の合意形成に成功した事例を元にしてどのように合意形成を図っていけばいいかを考えてみたい。狛江市では空き瓶処理施設の設置を巡って住民から強い反発が起こっていた。理由としては、環境汚染や騒音、異臭問題、さらには処理施設の設置場所は適切なのか、そもそもゴミ処理の基本姿勢はどのようになっているのかという問題まで自治体へ問い合わせがなされた。こうしたことから、狛江市では処理施設の抜本的な見直しを行った。まず、ゴミ処理基本計画の策定を行った。その際、自治体、有識者のみならず住民からも参加を募り、計画策定段階から住民の意見を反映させていった。また、そこで議論された内容は積極的に住民全体に広報され、一部の住民だけではなく地域住民全体の問題として認識されるようになった。そして8ヶ月経った後、空き瓶処理施設の計画から計画実施への段階へと進み、その際の住民合意も取り付けることができた。

この例から学べることはいくつもある。まずは、住民の合意形成は最終的な自治体の案への賛成を求めるだけではいけないということである。住民の意見を反映させようと考えていても、実際に住民の声を聞くのは大枠の基本計画が定まった後に公聴会などを開くことが一般的であるが、ほぼ固まった案に賛成か否かを問うだけでは合意形成に結びつけることは難しい。基本計画段階から住民の声を反映させ、またその議論を積極的に住民に広報していくことで住民の合意形成も早期から行うことができ、かつ問題があれば計画段階から意見を汲み取ることも可能である。最終的に計画を実施する際には、大方の住民の合意形成ではできているため、大きな反対が起こりにくくなるのである。

住民の合意形成を得るためには、自治体からの一方的な押しつけのような形では合意形成を図ることは難しい。最終的な段階で合意形成を求める場合には、様々な面に対して不満がぶつけられることが多い。そのため、早い段階から住民の声を汲み取り、計画に反映していくことで最終的な合意形成へとつなげることができる。合意形成を固めるためには、早期からの住民の理解を求めていくことが必要なのである。

 

 

なぜ公務員を目指しているのか面接で聞かれたら?(公務員試験・面接)

面接で聞かれることの中心は「志望動機」と「自己PR」です。

そして、ここでつまづく受験生は非常に多い。

これは学生、公務員試験に限らず、社会人、民間の就職試験でも同様です。

 

面接で聞かれるこの「志望動機」と「自己PR」、私がカギであると考えるのは「自分の経験によって話ができる」ということです。

 

自己PRについては、まさにそのままです。

自分がこれまでやってきたことの中から、アピールできることを話していけばいい。

 

これに対して、志望動機についてはどうでしょうか?

 

面接では、

・公務員を志望した理由は何ですか?

・この自治体を志望した理由は何ですか?

・なぜ民間ではなく、公務員を選んだのですか?

ということが聞かれます。

 

これに対して、様々な答えをすることになるでしょう。

・~という政策に興味を持っているから

・この街にずっと住んでいるので

・民間のように利益ではなく、住んでいる人たちのことを考えた仕事がしたい

などです。

 

答えは人それぞれで問題はないのですが、ただしその受け答えに「説得力を持たせる」ということが重要だと考えています。

受け答えがいかに素晴らしいものであったとしても、それがネットに掲載されていたり、みんなが同じようなことを考えるようなものであっては、その人らしさは出てきませんし、その人を採用する決め手にはなりません。

 

そこで重要なのが「経験」です。

・私は~ということをしたいと思います。

・以前、私は×××ということをしてきました。

・そうした経験から、将来は~ということがしたいと思うようになりました。

・こちらの自治体では実際に○○○という政策を行っており、私のやりたいことができると考えました。

という形につなげやすいためです。

 

どういう内容にするにしても、「自分の経験→やりたいこと=自治体の政策」という形になると、話に説得力が増してくると思います。

自分の経験と自治体の政策を結び付けることはできないかを考えるべきだと思いますし、そうしたことがなければこれから対策を打っていく必要が出てくると思います。

 


(上記は、自身の経験に基づいたものです。
参考になればと思い書いていますが、参考にするのは自己責任でお願いします。)